NEWS

音楽情報サイト「Real Sound」によるレポートを公開!

1週間にわたり開催された『TOKYO MUSIC ODYSSEY』の模様を音楽情報サイト「Real Sound」が執筆して下さいました。


スペースシャワーTVが主催する音楽とカルチャーの祭典『TOKYO MUSIC ODYSSEY』が、3月2日から8日にかけて渋谷を拠点に開催された。「都市と音楽の未来」をテーマに掲げた同企画では、『SHIBUYA POP UP STUDIO』『SOUND & VISION』『ALTERNATIVE ACADEMY』『NEW FORCE』『MOVIE CURATION』『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS』の計6つのプログラムが行われ、音楽とそこから派生するカルチャーを直に体験することができた。

 まず、3月3日開催の、「MUSIC×CREATIVE」をテーマにした『SOUND & VISION』。きのこ帝国×MITCH NAKANO、DAOKO×Kezzardrix+backspacetokyo、HIFANA×GRVJの3組が登場し、アーティストと映像作家がコラボを果たした。DAOKOのステージは、モーショングラフィックスやレーザーを使いながら、彼女の動きや歌詞にあわせて映像がリアルタイムで変化。DAOKO自身も映像アートの一部となったような、音楽と映像が連動したステージを見せた。またHIFANAは、繰り出すビートにあわせ、サンプラーを操る手元やアニメーションをスクリーンに映し出していく。その即興性が高いパフォーマンスで観客をヒートアップさせていった。一方、きのこ帝国は、 花をモチーフに女性を被写体とした映像をバックに「FLOWER GIRL」などスローな曲を披露。一本のショートムービーのようなストーリー性で、儚さと美しさを演出した。3組とも音楽と映像のタッグの組み方は違えど、音やリズムを体感させ、より濃い音楽体験をもたらすイベントだった。

 cero、STUTS 、Yogee New Waves、WONKらが出演した3月4日の『ALTERNATIVE ACADEMY』はオールナイトでの開催。DJアクトも加わり、夜通し朝まで音楽が鳴り続けた。「TOKYOから世界の音楽シーンへ」というテーマの通り、今東京で一番ホットなアーティストが一堂に会し、最上級のライブを見せる。そして、その音楽を浴びた観客も自由に歓声をあげながら踊り、それを受けたステージ上のパフォーマンスもさらに向上していく。その相乗効果によって、会場にひとつのグルーヴが生まれていたようにも感じられた。出演アーティストはみな、独自の表現を追求することで、今の新しいロックシーンの一部を担っている。ここから何かが始まるような可能性と熱気が渦巻く、刺激的な一夜となった。

 3月5日に行われた『NEW FORCE』には、ニューカマーアーティストが揃った。紅一点のボーカルを真ん中に据え、ギターポップ〜シューゲイザーを志向するFor Tracy Hyde。可愛らしくもヒリヒリとしたインディポップを鳴らすThe Wisely Brothers。ギターとドラムの二人編成で、クセになるグルーヴを練り上げるドミコ。ヒップホップ的な矢継ぎ早のリリックを歌い上げ、ディーバとしての存在感も放つiri。エレクトロニックR&Bサウンドで、ソウルフルな歌声を披露した向井太一。同世代でありながらも、編成やジャンルは様々。今の音楽シーンを象徴するような多様性を感じるライブだった。『NEW FORCE』の出演者は、ここから一年間スペースシャワーTVの一押しアーティストとして各所で活動するというが、彼らの今後の動向にも注目したい。

 また同じく3月3日から6日には、渋谷スペイン坂のGALLERY X BY PARCOにて『SHIBUYA POP UP STUDIO』が開催され、トークセッションやミニイベントが行われた。“チームPerfume”としても活躍する真鍋大度とMIKIKOは、リオ五輪閉会式『トーキョーショー』の裏側や作品の作り方をテーマにトーク。Zeebra×オカモトレイジ(OKAMOTO’S)は、ヒップホップシーンの変化や風営法改正といったナイトカルチャーの重要性について熱い議論を交わした。また、宇多田ヒカルやSuchmosのMVを手がける若手映像作家であるdutch_tokyo(山田健人/yahyel)は、映像制作を志すようになった経緯や、自身の今後の展望について語った。音楽を接点に、様々な分野のクリエイションが合流し、互いに刺激を与え合いながら表現の純度を高めていく今の音楽シーン。彼らが放つメッセージはどれもポジティブで、これから訪れる「都市と音楽の未来」が楽しみになる話を聞くことができた。

 3月6日の『MOVIE CURATION〜特上音響上映会〜』は、Fishmans、コーネリアス、DEV LARGEのライブやドキュメンタリー映像を、渋谷WWWの音響環境で、臨場感ある音と大画面で上映。3アーティストとも1990年代に活躍し、他に類を見ないオリジナルな立ち位置を築き、今活躍するミュージシャンたちにも多大な影響を与えた。上映後には馴染みの深いアーティストや関係者によるトークショーも行われ、人物像や裏話など貴重な話が明かされた。

 そして3月7日に国際フォーラムで行われたのが『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS』だ。スペースシャワーTVの視点で2016年の音楽シーンを総括し、功績をあげたアーティストとクリエイターを表彰。また、きゃりーぱみゅぱみゅ、クリープハイプ、Suchmos、高橋 優、平井堅、レキシはライブパフォーマンスを披露し会場を大いに盛り上げた。最優秀アーティストに選ばれたのはRADWIMPS、ユーザー投票によって決定するPEOPLE’S CHOICEは[Alexandros]、その他星野源や宇多田ヒカルらも受賞。多くのヒット曲が生まれ、またロックバンドの音楽もお茶の間へと届いた2016年の活気を映し出すような受賞結果となった。

 様々な視点から、今の音楽シーンの充実を体現し、その盛り上がりを直接肌で感じることができた『TOKYO MUSIC ODYSSEY』。2020年の東京五輪に向けて、そしておそらくその先も、渋谷をはじめ東京の街は変わり続けていくだろう。そこで音楽カルチャーはどう根付き、街と共に発展していくのだろうか。そんな未来への期待を残し、1週間にわたるイベントは幕を下ろした。