Loading...
OFF
ON
BGM
Mrs. GREEN APPLE

2013年4月にバンド結成、都内ライブハウスを中心に活動開始。大森(当時・若干16歳)が発信する楽曲の作品性の高さ、その歌声が女子中高生を中心に広まる。2014年2月に2曲入りCD、7月に5曲+シークレット曲入りミニアルバム「Introduction」をライブ会場限定で発売し1,000枚完売。同年7月から15年3月に渡り3回開催した自主企画ライブは全てソールド。2015年2月に初の全国流通盤「Progressive」を発売。タワーレコードが独自に選出してプッシュする「タワレコメン」に選ばれる。7月にEMI Recordsからミニアルバム「Variety」でメジャーデビューを果たす。同アルバム収録曲「StaRt」でスペースシャワーTVのパワープッシュを獲得。メジャーデビュー後には活動の枠をさらに広げ、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015」「RUSH BALL 2015」「SWEET LOVE SHOWER 2015」など大型夏フェスに参戦。バンド結成からわずか2年でのこの結果はまさに異例とも言える。9月には渋谷WWWにて初のワンマンライブ「Mrs. ONEMAN LIVE ~武装と創と造~」を開催しチケットは瞬く間にソールドアウト。11月、シングル「Speaking」のMUSIC VIDEO解禁とアルバム「TWELVE」の情報が解禁されるとオフィシャルのサーバーがパンクするなど注目度がピークに達する。12月にはシングル「Speaking」レコ発として初の東名阪ワンマンツアー「Mrs. ONEMAN TOUR ~東と名と阪~」を開催。こちらもチケットは即刻完売。年末にはCOUNTDOWN JAPAN 15/16、RADIO CRAZYにも続けて出演。2016年1月13日に満を持して1stフルアルバム「TWELVE」リリース。オリコン・ウィークリー・チャート初登場10位にランクイン。3月1日より全国14都市を回るワンマンツアー Mrs. GREEN APPLE TWELVE TOUR ~春宵一刻とモノテトラ~を開催。トータルキャパ5,000人に対して4万を超える応募が殺到。4月10日赤坂BLITZにてファイナルを迎える。「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER」にも2年連続で出演が決定。

RECOMMEND COMMENT

音楽に年齢は関係ないと言えど、若くして売れそうなバンドって、心の狭い俺からしたらそれだけでもう気に食わないんです。しかも最近のロックシーン、裏をかいてやろう、誰もやったことのないかっこいいことをやってやろうと凝りに凝り過ぎて『何がかっこいいかわからないラビリンス』に迷い込むバンドが多い中、このバンドは超ストレート。「絶対これが良いでしょ」連発する。とても、妬ましい…!
しかも彼らの場合、それを天然でやってるのではなくあえてやっているように思う。あらゆる世代の人にも届きそうなキラキラとしたキャッチーさだけでなく、その裏に見え隠れする歪さもある、Mrs. GREEN APPLEはとてもひねくれたバンド。そしてそんなバンドは、そうはいないんだな。 この末恐ろしいバンドとは早めに戦わなければいけないと、俺のアンテナがビンビンに反応している。今年是非対バンしたいです。

ヨコタ シンノスケ(キュウソネコカミ Key./Vo.)

Offitial Site
OFF
ON
BGM