Loading...

SPACE SHOWER MUSIC
ART EXHIBITIONは、
現在の音楽表現に欠かすことが出来ない、
視覚に訴えるアートワークに
フォーカスした展示会。

ミュージックビデオ・衣装・写真・イラストなど
音楽を中心とした
アートに焦点を当てた企画展と、
シーンの第一線で活躍するクリエイターを招いた
トークショーを開催いたします。

SPACE SHOWER
MUSIC ART EXHIBITION

開催日

2016年

3月4日(金) 11:00~19:00

3月5日(土) 11:00~20:00

3月6日(日) 11:00~19:00

会 場

渋谷space EDGE

〒150-0002東京都渋谷区
渋谷 3-26-17 野村ビル1F
(JR渋谷駅新南口徒歩2分)

MAP

入場料 無料

Shibuya space EDGE 2016.3.4[fri]-3.5[sat]-3.6[sun]
ART EXHIBITION

参加クリエイター

飯嶋久美子 - スタイリスト・衣裳デザイナー
展示作品:きゃりーぱみゅぱみゅ MUSIC AWARDSステージ衣装 1着
profile

東京生まれ。 文化服装アパレル技術科卒業後、スタイリストおよびVOGUENIPPONでのアシスタントを経て、2000年にスタイリストとして独立。現在は広告、雑誌、CDジャケット、音楽PV、ファッションショー、コンサート、映画など様々なジャンルにおいて、スタイリストおよび衣裳デザイナーとして国内外で活動中。

official site
植本一子 – 写真家
展示作品: クリープハイプ 尾崎世界観 ポートレイト
profile

1984年広島県生まれ。2003年にキヤノン写真新世紀で荒木経惟氏より優秀賞を受賞。 写真家としてのキャリアをスタートさせる。広告、雑誌、CDジャケット、PV等幅広く活躍中。2013年より下北沢に自然光を使った写真館「天然スタジオ」を立ち上げ、一般家庭の記念撮影をライフワークとしている。

official site
オオクボリュウ – イラストレーター・映像作家
展示作品: SPACE SHOWER TV STATION ID「The Ghost Of Cartoon」原画
profile

イラストレーターとして雑誌等で挿絵、細野晴臣の著書、ボブ・ディランのディスクガイドの挿画、BEAMS-T での T シャツデザインを手がける。映像ディレクターとしては斉藤和義、後藤正文、group_inou、快速東京、D.A.N.の MV をいずれもアニメーションで制作。その他 MTV、SPACE SHOWER TV SPOT やショップの内装アートワーク、ライブでの映像演出等、手描きのイラストを生かした活動を展開。

official site
太田好治 – 写真家
展示作品: BRAHMAN アーティスト写真
profile

2005年独立。2011年太田好治写真事務所設立。

official site
上岡拓也 – ペインター・デザイナー
展示作品: 水曜日のカンパネラ「ジパング」ジャケット原画
profile

1985年 東京生まれ。2008年 桑沢デザイン研究所卒業。卒業と同時にフリーとして活動を始める。

official site
児玉裕一 – 映像ディレクター
展示作品:水曜日のカンパネラ「ラー」MV、絵コンテ
profile

1975年生まれ。東北大学理学部化学系卒業。卒業後、広告代理店勤務を経て独立。2006年より「CAVIAR」に所属。2013年9月「vivision」 設立。 CMやMVなどの映像作品の企画 / 演出から、ライブの演出まで幅広く従事。2015年よりロンドンのクリエイティブエージェンシー「CANADA LONDON」 にも所属し海外の広告も手がける。

official site
サイトウユウスケ – イラストレーター
展示作品:吉井和哉「ヨジー・カズボーン〜裏切リノ街〜」ジャケット原画
profile

1978年生まれ。 2003年バンタンデザイン研究所卒業後、フリーのイラストレーターとして活動。過去にCXドラマ「続・最後から二番目の恋」のビジュアルやミュージックマガジンの表紙を手がけたほか広告、装幀、CDジャケットなどメデイア・国内外を問わず活動中。 東京イラストレーターズ・ソサエティ会員。

official site
神藤剛 – 写真家
展示作品:DAOKO ポートレート
profile

1983年、大阪府出身。2007年に成安造形大学を卒業後、松濤スタジオに入社。2010年、写真家の鈴木心氏に師事し、2012年に独立。広告、CDジャケット、雑誌などポートレートを中心に活動中。

official site
高橋由季(コニコ) – イラストレーター
展示作品:まやかしプラスチック「まやかしパビリオン」ジャケット原画
profile

ザ・チョイス江口寿史さんの審査にて準入選。書籍、雑誌、広告、CDジャケットなどさまざまな媒体で活動中。デザインユニット『コニコ』としても活動。

official site
谷口恭介 – dot by dot inc. CCO兼クリエイティブ・ディレクター
展示作品: SPACE SHOWER TV STATION ID「Rock 'n' Roll Panty」
profile

テクノロジーを活かした新しい体験を提供することが得意。代表作に、『Deja vu | KAMRA』『「進撃の巨人展」360°体感シアター “哮”』『ヤフー トレンドコースター』『 Rock ‘n’ Roll Panty | SPACE SHOWER TV』『Yahoo! JAPAN さわれる検索』、『JRA 進撃の有馬記念』など。Cannes Lions、ADFEST、The Webby Awards、CODE AWARD、受賞多数。

official site
谷端実 – イラストレーター
展示作品: トリプルファイヤー「エピタフ」ジャケット原画
profile

1988年生まれ。神戸芸術工科大学デザイン学部卒、東京都在住。受賞/第31回ザ・チョイス年度賞入賞、第16回ノート展大賞など。仕事/雑誌「POPEYE」、「文芸カドカワ」や「トリプルファイヤー」のジャケットなど担当。

official site
cherry chill will – 写真家
展示予定作品:THA BOSS (THA BLUE HERB)、KOHH、ANARCHY、OZROSAURUS
profile

1978年青森県八戸市出身。98年から08年まで「CISCO RECORDS」でスタッフ/バイヤーとして勤務後、 独学で写真をはじめ2009年より本格的に活動を開始。HIP HOPの現場を中心に国内外のアーティスト/DJを多数撮影。 メジャーアーティストからアンダーグラウンドまでCDジャケットやアーティストフォト、スタジオセッションも多数手掛ける日本のHIP HOPシーンを代表する現場叩き上げの写真家。

official site
東市篤憲 - 演出家・映像監督・プロデューサー
展示作品:ぼくのりりっくのぼうよみ「sub/objective」「CITI」MV、コンテ
profile

A4A代表取締役。デジタル / 映像を軸に、映像演出、ステージ・空間演出、CG制作、インスタレーション、MV演出、ミュージカル・オペラ舞台演出、など、あらゆるジャンルの企画制作、プロデュース、演出を行い、革新的作品を数々発表している。主な作品は、ルイヴィトンのコラボレーションで話題になった、初音ミク+渋谷慶一郎ヴォーカロイド・オペラ「THEEND」のプロデュース、BUMP OF CHICKEN の「ray」「hello, world!」のMV演出など。

official site
西村ツチカ – 漫画家
展示作品: トーベヤンソン・ニューヨーク「Someone Like You」ジャケット原画
profile

2010年、短篇集「なかよし団の冒険」(徳間書店)でデビュー。同作で第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞。他の作品に「かわいそうな真弓さん」「さよーならみなさん」がある。

official site
magma - アーティストユニット
展示作品:ゆず「終わらない歌」MV美術セット
profile

杉山純と宮澤謙一によるアーティストユニット。2008年結成から都内の制作スタジオ「studio magma」を拠点に活動中。樹脂、廃材、電動器具、木などを手作業で組み合わせ創りだす独特な世界観を得意とし、アート作品の制作にとどまらず広告美術、空間演出、家具、プロダクトまで幅広く手掛ける。どこか懐かしさを覚えるアナログ感とクレイジーな色彩が融合したmagmaの作品は、国内だけでなく海外からも注目を集め続けている。3/12~池尻VOILLDにて個展開催。

official site
町田ヒロチカ – イラストレーター・漫画家
展示作品: 阿佐ヶ谷ロマンティクス「春は遠く夕焼けに/後ろ姿」ジャケット原画
profile

1992年生まれ。青森県弘前市出身。インディー・バンドのアートワーク、グッズのディレクション、フライヤー、コミックジンの制作を手がける。東京スカパラダイスオーケストラのアルバムジャケット、Yogee New Wavesのグッズデザイン、Miles Apart Recordsのロゴデザインや、サッカーカルチャー雑誌「OFF THE BALL 01」 などの書籍の漫画、挿絵も担当。昨年、自身の漫画、音楽を中心とし様々なゲストのエッセイや写真を迎えたコミックジン「RADIO MAGAZINE1」を刊行した。

official site
本秀康 – イラストレーター・漫画家・7インチ専門レーベル「雷音レコード」ディレクター
展示作品: never young beach「あまり行かない喫茶店で」、大森靖子「呪いは水色」ジャケット原画
profile

1969年京都生まれ。一見牧歌的な画風でありながら鋭い毒を持つストーリー/世界観によって、熱狂的なファンを獲得した。
音楽への造詣が深く、音楽誌への寄稿、執筆も多い。

official site
山根慶丈 – イラストレーター
展示作品: tofubeats「First Album / Remixes」「POSITIVE」ジャケット原画
profile

1990年12月27日生まれ 鳥取県米子市出身。
昭和を独自の表現で書き出す作風で話題となり2012年よりフリーランスのイラストレーターとして活動開始。
tofubeatsのアートワークをはじめ音楽や広告、書籍の仕事等多数を手がける。

official site
YKBX - ディレクター・アートディレクター・アーティスト
展示作品:Namie Amuro X Hatsune Miku 「B Who I Want 2 B feat. HATSUNE MIKU」MV、絵コンテ
profile

各種映像作品のディレクションや制作に加え、イラストレーションやグラフィックデザインなど活動は多岐にわたる。トータルアートディレク ションを目指した作品を数々リリースし、国内外の映画祭やイベントでも高く評価されている。初音ミク・ボーカロイドオペラ「THE END」では、全てのビジュアルディレクション・演出・映像ディレクターを務める。

official site
鷲尾友公 - イラストレーター・グラフィックデザイナー
展示作品:Qomolangma Tomato「かなしみ射抜こう」ジャケット原画
profile

1977年、愛知県生まれ。表現という 分野において、ジャンルや手法、高尚も大衆の別もなく独自の文脈で作品を制作し活動する。美術館や海外でも発表された彼のオリジナルモチーフの手君は運気アップのアイテムの一つ。

official site
展示協力
CREATOR’S SESSION

ミュージシャン、映像作家、フォトグラファーなど、各シーンの第一線で活躍するクリエイターを招き、
自身のバックグラウンドやクリエイティブの方法論、アイディアの源泉など、テーマ毎に語り明かします。

定員:各セッション60名

3月5日(土) 17:00〜18:00
定員に達しました。

音楽 × 広告

世界を変えるシェアとハック

作り手からの発信力も求められる今。作品をソーシャルメディアから、口コミ、現実世界に繋ぐ方法と、プロモーションの原点、アイデアの追い込み方について、「快速東京」のフロントマン福田哲丸と、数多くの広告賞を獲得してきた「dot by dot」富永勇亮が、音楽と広告の近くて遠い世界を語る。

登壇者 福田哲丸 (快速東京) – ミュージシャン

おさわがせロックバンド、「快速東京」のボーカル。
快速東京としてアルバムを4枚発表。RISINGSUN FES.2013、ROCK IN JAPAN FES.2014などに出演。googleやKIRINなどの広告媒体とコラボレーションをした経歴を持つ異色のバンド。2015年には宮藤官九郎監督作品「TOO YOUNG TOO DIE若くして死ぬ」に出演する。また、個人として映像ディレクターや音楽プロデューサー、自身が作曲、演奏するなど、活動の幅は多岐に渡る。

http://tetsumarufukuda.tumblr.com/
http://kaisokutokyo.com

登壇者 富永勇亮 (dot by dot inc.) - プランナー/CEO

「テクノロジーの無駄遣い」と称されるデジタルクリエイティブ集団の代表。広告キャンペーンのインタラクティブ、デジタル領域、ミュージックビデオ、ファッション、TVなど幅広い領域を担当。渋谷でシェアオフィス『HOLSTER』を共同運営。Cannes Lions、SXSWなど国内外の広告賞を受賞。代表作にLyric Speaker/安室奈美恵 ”Anything” for Google Chrome/進撃の巨人展360° 体感シアター “哮”/androp “Bell” MVなど。

http://dotby.jp
https://twitter.com/fuyong

司会進行 塩谷舞

http://ciotan.com/
3月6日(日) 15:00〜16:00
定員に達しました。

音楽 × アニメーション

デジタル表現の未来予報

人工知能や、仮想体験の研究が加速しつづけ、いつしか人工生命に支配される世界が来るのかも!? そこにありうる音楽やアニメーションとは? これまでにも国際的なプロジェクトでタッグを組んできた、サウンドアーティストのevalaと、アーティストのYKBXが想像する近未来のクリエーション話。

登壇者 evala - 音楽家・サウンドアーティスト

先鋭的な電子音楽作品を発表し、国内外の音楽祭や美術展にてインスタレーションやコンサートの上演、また公共空間、舞台、映画、広告メディアにおいても立体音響や先端テクノロジーを用いた多彩なサウンドデザインや楽曲提供を行う。主な近作に、CD『acoustic bend』、インスタレーション『大きな耳をもったキツネ』のほか、Perfume、ONE OK ROCK、サカナクション、ELEVENPLAYとのコラボレーションなどもある。

http://evala.jp/

登壇者 YKBX - ディレクター・アートディレクター・アーティスト

各種映像作品のディレクションや制作に加え、イラストレーションやグラフィックデザインなど活動は多岐にわたる。トータルアートディレク ションを目指した作品を数々リリースし、国内外の映画祭やイベントでも高く評価されている。初音ミク・ボーカロイドオペラ「THE END」では、全てのビジュアルディレクション・演出・映像ディレクターを務める。

http://ykbx.jp/

司会進行 三宅正一

https://twitter.com/miyakeshoichi
3月6日(日) 17:00〜18:00
定員に達しました。

音楽 × 映像

進化するミュージックビデオの今

これまでのカタには決して捕われない活動で邁進中の「水曜日のカンパネラ」と、彼らの魅力の重大な要素の一つである映像表現について、「水曜日のカンパネラ」主演のコムアイと、「ラー」のMVを演出した児玉裕一、「ナポレオン」の山田智和がそれぞれの作品の制作秘話を明かす。

登壇者 コムアイ (水曜日のカンパネラ) - ミュージシャン

2013年からコムアイを主演とするユニットとして始動。メンバーはコムアイ(主演)、ケンモチヒデフミ(音楽)、Dir.F(その他)の3人だが、表に出るのは基本的には主演のコムアイのみとなっている。2014年11月に発売した 『私を鬼ヶ島に連れてって』に収録されている楽曲「桃太郎」がWEBやラジオを中心に話題となり耳の早いリスナーが次々と中毒者になっている。そして、昨年11月11日に1年ぶりのアルバム『ジパング』が発売。ヤフオク!のCM楽曲の「ツイッギー」や日清カレーメシ2とのコラボ曲「ラー」など話題の楽曲が収録されている。

http://www.wed-camp.com/

登壇者 児玉裕一 – 映像ディレクター

1975年生まれ。東北大学理学部化学系卒業。卒業後、広告代理店勤務を経て独立。2006年より「CAVIAR」に所属。2013年9月「vivision」 設立。 CMやMVなどの映像作品の企画 / 演出から、ライブの演出まで幅広く従事。2015年よりロンドンのクリエイティブエージェンシー「CANADA LONDON」 にも所属し海外の広告も手がける。

http://www.vivision.tv/

登壇者 山田智和 – 映像作家、映画監督

東京都出身。日本大学芸術学部映画学科映像コース出身。クリエイティブチームTokyo Filmを主宰、2015年9月よりCAVIARに所属。映画、CM、MVを中心にディレクションを行う。2013年、WIRED Creative Huck Awardにてグランプリ受賞、 2014年、ニューヨークフェスティバルにて銀賞受賞。シネマティックな演出と現代都市論をモチーフとした映像表現が特色。

http://tomokazuyamada.com/

司会進行 三宅正一

https://twitter.com/miyakeshoichi
注意事項をよくお読みの上、ご応募下さい
※複数プログラムをお申し込み頂けます。
※席数に限りがございますので、必ずご出席頂けるプログラムのみお申込みをお願いいたします。
※当日は受付完了メールをプリントアウトしてお持ち頂くか、携帯画面で確認させて頂きます。
※セッションの内容は変更になる場合がございますので予めご了承ください。
※イベントの模様はスペースシャワーTVの番組やWEB媒体の記事掲載を目的として撮影する場合があります。予めご了承ください。
※ご来場者多数の場合、立ち見となる場合がございます。
※当選権利の譲渡はできません。
協賛
特別協力
メディアパートナー
OFF
ON
BGM